MENU タップでメニューを表示

XT1200Z Super Ténéré

XT1200Z Super Ténéré

新たな道を切り拓くアドベンチャーツアラーの雄が更なる高みを目指し、機能強化と熟成を図ったニューXT1200Z。

「Ultimate Gear for Intercontinental Adventure」、それはどこまでも続くアスファルトの一本道での安定性と快適性、マウンテンロードにおける爽快なコーナリングフィール、山岳地帯を縫って進むつづら折りの未舗装路でのビッグマシンながら妥協しない走行性を併せ持ち、世界のあらゆる道を疲れを知らずにロングディスタンスで走り切る、リッターオーバークラスのツーリングスポーツモデルXT1200Zのコンセプトである。
2010年に登場し世界で大きな反響を呼んで人気を博してから4年を経て、「アドベンチャーツアラーとしての機能強化」を目指してアップグレードされた。
XT1200Z Super Ténéréを駆る多くのライダーの声から、その好みや目的を分析。「オールラウンダーとしてツアラー性能を重視したモデル」と「よりスポーツ性を追求したモデル」の2つのキャラクターを設定、「よりスポーツ性を追求したモデル」として登場したのが新たなXT1200Z Super Ténéréである。

XT1200Zの特徴

XT1200ZディープパープリッシュブルーメタリックC明確化されたキャラクター
トップケース用ベース、アシストグリップ、メインスタンドをオプション化し、リヤ廻りに新設計の小型テールカバー、薄型化されたタンデムシートを採用するなど、従来モデルと比べてコンパクトな形状としたほか、小型LEDウインカーの採用など各部装備の小型化・軽量化により、装備重量を従来の261kgから257kgに4kg低減して、スポーツアドベンチャーというキャラクターを演出している。
熟成され強化されたエンジン
エンジンはアドベンチャーツアラーとしての熟成を求めて各部を最適化。ヘッド廻りでは動弁系部品の軽量化やピストンリング関連部品の設計見直し、ミッション/クラッチ系では駆動系ダンパー部品の最適化とパーツ構成の見直し、吸排気系ではインテーク/エキゾーストポートの大型化とエキパイ途中にあった連結管の廃止、新しいEU4規制に適合した新触媒の採用など、細部にわたって見直しを行ない、最大馬力をこれまでの80.9kW(110PS)/7,250r/minから82.4kW(112PS)/7,250r/minに、最大トルクを114.1N・m(11.6kgf・m)/6,000r/minから117.0N・m(11.9kgf・m)/6,000r/minにそれぞれ強化している。
全てはライダーのために。拡充された新装備
新形状のフロントスクリーンは工具を使わず4段階の高さ調節が可能。さらに新設計のメーターカバーとヘッドライト下の風防カバーとともに、ウインドプロテクション効果の向上と、高速走行時のスクリーン内側に発生する負圧を抑えることで上体にかかる負担とストレスを低減、快適なライディングに貢献している。

参考価格

XT1200Z ¥1,652,400(本体価格¥1,530,000)

XT1200Zについてのお問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容

このページのトップへ